昔、ゲーセンで電流イライラ棒というゲームがあった | コピペ漫画館

昔、ゲーセンで電流イライラ棒というゲームがあった




作画: まんまる。さん

昔、ゲーセンで電流イライラ棒というゲームがあった。
彼女と二人でやろうということになり、まず自分がやってみた。
結構いいところまでいき最後のステージまで到達した。
「やった!クリアーした」と彼女と喜んでいたら後ろから誰か肩をたたく奴がいた。
振り返ると小学生がコイン投入口を指差して
「これ押さないと始まらないよ」と言われた。
金は入れたもののスタートボタンを押してなかった。


コメントを残す