地元に「サタンの爪(ツメ)」という名の暴走族がいた | コピペ漫画館

地元に「サタンの爪(ツメ)」という名の暴走族がいた



作画: やすよしさん

624 名前:名無しさん@明日があるさ[] 投稿日:2007/07/20(金) 12:19:49 O
かれこれ四半世紀前、地元に「サタンの爪(ツメ)」という名の暴走族がいた。
そいつらは毎晩、グループの名入りの旗を掲げて暴走していた。
が、ある日パトロール中の警官に、
「君達は何と言うグループなの?」
と聞かれ、
「サタンのツメだよ!見りゃわかるだろう!?」
と答えたら、警官に

「カッコイイ名前なんだけど、その旗の文字は、サタンの瓜(ウリ)だよ?」

と訂正され、彼等は自然消滅した。


コメントを残す