自分を魔女だとか堕天使だと思っていた | コピペ漫画館

自分を魔女だとか堕天使だと思っていた




作画: 佐月さん

自分を魔女だとか堕天使だとか思い、黒魔術の本を買いあさり、
放課後1人学校の裏でどんぐりすりつぶしたり
家の庭で魔法陣書いてなんか呟いてた。
魔法陣書いて呟いてた時、死にかけの産毛しか生えてない鳥が
ちょうど落ちてきて、自分は本物だと思った。

あと、華麗なる殺人方100という本を朝の読書で読んでた。
周りに「あの子誰か殺そうとしてる」と噂になり虐められたけど、
みんな私の力を恐れて近寄らないだけだと本気で思ってた。


コメントを残す